2007年05月04日

ヴェルサーチのスーツ

ヴェルサーチのスーツを着ている先輩にあこがれてるんです。自分もヴェルサーチのスーツ着ると少しは同じになれる気がして、がんばって買ってしまおうかな・・・と思ってます。

日本でのブランドのあり方は消費者の心をとらえ、価値を認める人が多ければ多いほど、使う人はもちろん、使わない人にまで、プラスのイメージが強くなっていきます。

ジャンニ・ヴェルサーチのスーツを求めて日本では、その海外の都市まで行く人も少なくはないのです。 そしてやっと手に入れたジャンニ・ヴェルサーチのスーツをまわりの人から評価されることによって、もっと欲しいという心を刺激し、また満足を得ようとするのです。

ジャンニ・ヴェルサーチのスーツはつねに高いというイメージがありますね。価格の割引もあまりされません。なのでなおさら日本人のステータスシンボル好きが進むのでしょう。 それが日本人がブランドを好む理由なのではないでしょうか。

男性も女性も、ジャンニ・ヴェルサーチのスーツを所持することで、ステータスシンボルを感じると同時に、自分自身に自信がつくようです。自分自身を引き立たせる物を所持することが自信につながるのかもしれませんね。 せっかく手に入れたのですから大切に使いたいですね。 せっかく手に入れたのですから大切に使いたいですね。
posted by ヴェルサーチ at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴェルサーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。